電子メール我々

眼科撮像におけるHanスキャナスキャナ

眼科撮像におけるHanスキャナスキャナ


泌尿器科:前立腺の腫瘍摘出にレーザーが使用されています。 この低侵襲手術では、前立腺への尿の流れを妨げる組織を除去するためにレーザーを使用します。 同様に砕石術では腎臓、膀胱また尿管に見られる石を破壊するために使用されます。


眼科学:特に近視、乱視、遠視および老眼などの様々な病状を治療することができる屈折矯正手術でレーザーが非常に普及しています。 網膜光凝固術でも利用されており、眼の最も深い構造体である網膜にレーザー光線を照射して、病的な網膜を凝固させ病気の進行を抑えます。 また選択的レーザー線維柱帯形成術で慢性緑内障の眼圧を下げることができます。


一般外科では、特に軟部組織の切除のためにレーザーを使用します。 またレーザー治療は歯の白化や病巣の除去、虫歯、歯周病、虫歯の早期発見のために、歯科診療所でも徐々に利用されるようになってきました。


理学療法では、レーザーを使用した痛みに効果的で革新的な細胞生体刺激を行っています。 代謝機能を刺激するために細胞に光エネルギーを伝達します。 結果として鎮痛、抗炎症および癒創といった臨床効果をもたらします。

関連製品のスキャナ製品
製品アプリケーション
光走査システムソリューションのグローバルリーダー
見つける
4F Building4, Han's Laser Industry Park, 128 Chongqing Street, Fuyong, Bao'an District, Shenzhen City, Guang Dong, P.R. China.
scanner@hanslaser.com +86 0755-27333701